こんにちは。。カイトです。
旅先での出費をなるべく抑えたい時、宿泊費の安いカプセルホテルは強い味方となりますが、カプセルホテルを利用したいと考えるカップルは多いようです。

しかし結論から言うと、カプセルホテルはほとんどがカップルで利用することは「できません」!

本記事ではこの理由と解決策について解説しました。ぜひ参考にしてください。

【男女のカップルでカプセルホテルには泊まれない理由】


冒頭でも書きましたが、男女のカップルが一緒にカプセルホテルに泊まることは不可能です。
そもそもカプセルホテルは、1つのカプセルにつき定員は1人だけ。複数人が無理やり入るというのは、たとえ同性の友人同士であってもNGとなります。

そしてもう1つの理由は、カプセルホテルの施設そのものによる問題です。

昔のカプセルホテルは我々男性が中心に使っていた宿泊施設でしたが、女性の社会進出が進んだことで、「女性も安心安全に、綺麗なカプセルホテルを利用したい!」というニーズが高まりました。
しかし普通に考えて、男性ばかりが泊っているカプセルに囲まれ、女性が安心できるかというとそうではありませんよね。

そこで最近では、男性専用フロアと女性専用フロアに分かれたカプセルホテルが一般的になっているわけです。そんな中で「カップル(夫婦)だから」という言い分が特例として許されるはずもなく、男女一緒でのカプセルホテル利用は不可能となっている・・・というわけですね、残念。

【カップルがカプセルホテルを利用したい時の解決策】


とは言え、カップルが一緒のカプセルに入ってくつろぐことはできなくても、「一緒のカプセルホテルに泊まってくつろぐこと」くらいならばできます。

先ほども書いたように、現在カプセルホテルは男女別フロアとなっていますので、それぞれが別々のフロアに泊まればいいわけです。当然、大浴場・シャワーやトイレなどの設備は違うものを使う事になります。

「それじゃあチェックインからチェックアウトまで別々だから、結局一緒にはいられないのでは?」

そう思った人もご安心ください。

現在のカプセルホテルは「共用スペース」と呼ばれる空間が充実してきました。ちょっとおしゃれに、「ラウンジ」などと呼んでいるところもありますね。

大きなソファなどが用意された共有スペースでは自由に話したり、作業をしたりすることができます。テレビなど設備がついていて飲食可能であることも多く、カップルで過ごしてももちろんOK。

だから寝る前までは共用スペースでともに過ごし、本当に就寝する時だけカプセルに戻ればいいんですね!

昔のカプセルホテルは少しでもカプセルの数を増やすために、ロビーをとても狭く作っていました。しかし今では若者を取り込むため、共用スペースを広く取ったカプセルホテルが次々に生まれているのです。

カップルでカプセルホテルに泊まりたいのなら、そのようなホテルを選んでください。ただし、共用スペースは宿泊者みんなのための空間ですから、目に余るほどのイチャイチャはNGです!

【カップルで使いたい!共用スペース充実の「The Millennials」を紹介】

実際に共用スペースに力を入れているカプセルホテルもご紹介しておきましょう。

それが、京都府・河原町三条にある「The Millennials」というおしゃれなカプセルホテルです。
キャッチコピーはそもままズバリ、「ここは眠るまでを共用部で過ごすホテル」というもの。

ワークスペース、キッチン、プレイゾーン、食卓、バーカウンターといった充実の共用スペースを、なんと24時間思う存分に利用することができます。ゆったりとした共用スペースで寛げば、カップルの会話も弾みそうですね。カップルでの京都観光ではぜひ利用したいものですね!

【最後に】

カップルでカプセルホテルを利用できない理由や、その解決策いかがでしたか。
最後に要点をまとめておきますね。

  • カプセルホテルはカプセルの定員の問題や、男女別フロアが採用されている問題からカップルで一緒に泊まることはできない!
  • カップルが一緒のカプセルホテルで、別々のフロアに泊まることならできる。
  • 最近は共用スペースが充実したカプセルホテルも多く登場してきた。カップルで利用するならそのようなカプセルホテルを選び、就寝前まで一緒に過ごせばいい。

旅行の費用を抑えるのに役立つカプセルホテル。
共用スペースの充実したカプセルホテルを賢く選べば、カップルの旅行でも問題なく使えそうですね!