こんにちは。。カイトです。
仕事で忙しく、なかなか海外旅行なんて行けない僕。
ですが、「日本に居ながらにして海外気分が味わえる」と話題のカプセルホテル「East57」があると聞き、これが本当ならぜひとも行ってみたいと思い、宿泊フロアや設備がどんなものか、実際に体験してみました!

カプセルホテルとは思えないおしゃれな外観に驚き!

出典:East57

まず驚くのが「East57」のその外観。

どう見てもカプセルホテルとは思えず、おしゃれなカフェバーそのものです(実際看板には「Hostel」ともありますが、「Cafe&Bar」ともありますしね)。

こちらのお店では10種以上のクラフトビールや、それにピッタリの生ハム盛りなどのおつまみも楽しむことができるんです!

  • 木目調の落ち着いたおしゃれな店内。
  • 隠れ家的な雰囲気でまったり飲める。
  • 多国籍なムードは、日本にいることを忘れてしまうくらい。

こちらのカフェバーはカプセルホテルに併設されたお店ですが、宿泊客ではなくても利用OK。
もちろん、ホテルで出会った人たちとの語らいの場としても活用したいところです。

「East57」の館内設備や宿泊フロアはどうなっている?

「East57」は本館とアネックス2棟に分かれています。

1階にCafe&Barがあったのはアネックスのほうで、本館1階はランドリースペース&コミュニケーションスペースとなっています。本館・アネックスともに、2階以上は宿泊フロアと浴室になっています。

それぞれの設備について見ていきましょう。

《本館》

1階

出典:East57

ランドリースペース&コミュニケーションスペース。決して広くはありませんが、アメリカ産ランドリー&スペイン産洗濯機を完備していて、家電にもおしゃれな雰囲気が漂っています。
大型テレビまでや最先端のコーヒーマシーンもあって、くつろげるスペースですね。コミュニケーションスペースではゲーム大会なども行われており、旅のいい思い出になりそう!

2階~5階

出典:East57

宿泊スペース。木のぬくもりを大切にした二段ベッドを採用。段は高めの設定なので、座っても頭がぶつかることはありません。もちろんセキュリティBOXや個人ロッカーも付いますからセキュリティ面でも安心!
2階と5階は女性専用フロアです。

6階

出典:East57

シャワー浴室です。

《アネックス》

1階

出典:East57

クラフトビールが楽しめるCafe&Bar。

2階

出典:East57

2名利用や4名利用ができるツインタイプ二段ベッドのある宿泊フロア。
友人同士での活用はもちろん、なんとご夫婦・カップルでの利用もOKです。4名利用では旅の費用をぐんと抑えることができますね。

3階

出典:East57

シングルタイプのベッドのある宿泊フロア。
二段ベッドよりも広々としており、何かと疲れの溜まるビジネス利用などではもってこい!

4階

出典:East57

4階には個室タイプで最大4名まで利用できる宿泊スペースと、最大6名で利用できるファミリールームがあります。
「カーテンなどの簡易な仕切りでは落ち着いて休めない……でも多人数利用でなるべくコストを抑えたい!」
という願いが叶いますね。

なんと「East57」には和室の個室まである!

出典:East57

「East57」にはまだ隠されたお部屋があります!
それがアネックスの4階にある、「JapaneseRoom」、そう和室ですね。
ベッドの代わりに布団があり、井草の香りを嗅ぎながらゆっくり休めます。
もちろん床の間もありますよ。

海外のドミトリーを思わせる「East57」はインバウンド需要の高まりで生まれた充実のカプセルホテルだった!

出典:East57

多彩な部屋タイプを備えたずいぶんと魅力的なホテルで、カプセルホテルというよりは海外のドミトリーを思わせる「East57」。

ドミトリーとは、主に素泊まり宿泊を提供する相部屋専門のホテルで、長期旅行のバックパッカーなどが利用するものですよね。宿泊者同士の距離が近いため、初対面でもコミュニケーションを楽しめるというメリットもあります。

ただし、一般的に海外のドミトリーと呼ばれる宿はサービスがほとんどなく、アメニティが用意されていなかったり・食事をとる場所もなかったり・掃除が行き届いていなかったりするのが普通です。

しかし「East57」はアメニティ面や施設・設備も兼ね備え、低コストながらじゅうぶんなサービスを提供していますよね。おまけに清潔。

実は「East57」は日本でのインバウンド需要が高まって生まれたホテル。
要するに、「外国人観光客を強く意識したホテルであり、だからこそ海外のドミトリー的な雰囲気を持っている。そしてプラスアルファでより優れている!」というわけなんです!

もちろん日本人が宿泊するのもOKですので、「日本に居ながら海外気分を楽しめる♪」「海外の旅行者ともコミュニケーションができていい経験になる♪」と評判になっているのですね。

「East57」は外国人観光客のハートも、日本人利用者のハートもつかんでいるんです!

East57

男性・女性とも可
費用 4
サービス 4
部屋 3.5
設備 4
立地 3.5
総合評価 3.8
本館とANNEXの2棟で構成されており、本館は石畳を模した床と白木の格子によりエキゾチックな和を演出しています。
オンライン予約

まとめ

インバウンド需要の高まりで生まれたカプセルホテル「East57」のご紹介、いかがでしたか。
「East57」の最寄りは東京浅草橋駅で、わずか徒歩2分。

押上駅や両国駅も徒歩圏内という素晴らしい立地で、しかも羽田空港にも成田空港にも意外と出やすいというメリットがあります!

今も人気のホテルではありますが、2020年の東京オリンピックの際にはさらに大人気となり予約が取りにくくなること間違い無し! あなたもぜひ今のうちに海外の風を感じに、宿泊してみては?