こんにちは。。アカリです。
「カプセルホテル」というと、以前は「終電を逃した人がとりあえず泊まる場所」のイメージで、あまり清潔な印象はなかったですし、女性にとってはセキュリティ面での不安もあったかと思います。

しかし今は、ビジネスホテルとカプセルホテルの中間のような「コンパクトホテル」を名乗るカプセルホテルも出てきました。
それがファーストキャビンという高級カプセルホテルなんです。
さて、一体どんなホテルなんでしょうか?

「ファーストキャビン」ってどんなカプセルホテル?


「ファーストキャビン」のファーストは、飛行機の「ファーストクラス」からきています。
ここからもわかる通り、ファーストキャビンは他のカプセルホテルとは一線を画した、飛ワンランク上のラグジュアリー感のある高級カプセルホテルなんですね。
従来のカプセルホテルは、天井が低いために圧迫感がありましたが、ファーストキャビンでは一段式で天井の高いカプセルがスタンダードなため、この問題が解消されています。
またホテル内はもちろん男女別になっていますが、男女共有ラウンジなどもあるので、ご家族(※12歳以下の利用は不可)や男女グループで利用するのも良さそうですね。全施設にセキュリティゲートを設置していて安心です。

ファーストキャビンの部屋(キャビン)の種類は4つ! 広々としたカプセルホテルはもはやその域を超えている!?

カプセルには4つの種類があり、大きさや豪華さの順にプレミアムクラスキャビン→ファーストクラスキャビン→ビジネスクラスキャビン→プレミアムエコノミークラスキャビンとなっています。
それぞれの設備などを見ていきましょう。

プレミアムクラスキャビン

ファーストキャビン最上位クラスのキャビン! 施錠可能な個室タイプで、もはやカプセルホテルの域を超えています。40型テレビや、エスプレッソマシン、専用の洗面もついています。ちょっとした書き物をするデスクなどもあり、ビジネス利用にも便利ですね。

ファーストクラスキャビン

日常でファーストクラス体験のできる、ファーストクラスキャビンはセミダブルベッドに加えて余裕のある空間を確保。32インチテレビやサイドテーブルもあり、ゆとりのひとときを過ごせます。

ビジネスクラスキャビン

快適な滞在のために必要な空間と設備を用意した、最もスタンダードなビジネスクラスキャビン。テレビや鍵付きロッカーやコンセントなど、必要なものがコンパクトにまとめられています。
通常のカプセルホテルに近いですが、一段式で天井広々! 圧迫感が苦手な人にもおすすめできるタイプのキャビンです。

プレミアムエコノミークラスキャビン

「よりリーズナブルに宿泊したい」という人のために、二段式のプレミアムエコノミークラスキャビンもあります。もちろん、テレビや鍵付きロッカーなどの設備はしっかり用意されているのでご安心を。宿泊費を抑えつつ、ラグジュアリーな雰囲気も楽しみたい欲張りさんにおすすめですね。
ホテル内はWi-Fiが無料で使えます。
その他にも、利用者の使えるラウンジでもコンセント・Wi-Fiを完備しているため、チェックインの前後に、まるであなたのサテライトオフィスのようにも使えるんですよ。
(設備は各施設によって異なります)

ファーストキャビンは立地もすごかった! 最寄り駅から徒歩5分

ファーストキャビンの優れている部分は施設・設備だけではなく、その立地です。
現在ファーストキャビンは以下の場所に13展開していますが、なんと全施設、最寄り駅から徒歩5分以内にあるのです!

東京 京橋秋葉原日本橋よこやま町築地愛宕山赤坂羽田空港ターミナル1
愛知 TKP名古屋駅
京都 京都
大阪 御堂筋難波、関西空港
九州 博多、長崎

最寄り駅を起点として効率よく観光できるため、旅行に訪れた際にもぜひ利用したい立地条件となっているんですね。もちろん、終電を逃してしまった時や飛行機の遅延の際にも、便利に活用できます。

最後に――あなたの自由な発想でファーストキャビンを利用してみて

ファーストキャビンの活用は実は宿泊だけではなく、ショートステイと言って時間単位の利用が可能。そのため以下のようなシーンでも活用できちゃうんです。

  • 少し疲れてしまった時の休憩場所として。
  • 汗をかいた身体を大浴場(24時間利用OK)でスッキリさせたい時に。
  • 仮眠などのリフレッシュのために。
  • 外回りの空いた時間にデスクワークがしたい時に。
  • 普段頑張っている自分に、ラグジュアリーなプレゼントとして。
  • 一人きりになりたい時に。

あなたの発想で自由に、地上にあるファーストクラスを使ってみてはいかが?